NEC WiFi6 Aterm WX6000HP 3ヶ月後の評価

スポンサーリンク

こんにちは、終活のSEです。

今日はWiFi6ルーター、NEC Aterm PA-WX6000HP を購入して約3ヶ月立ちましたので、使用感や困ったことなど評価していきたいと思います。


この記事で共有できる内容は1つです。

実際に購入して感じたことや通信の安定性についてわかります。


スポンサーリンク

NEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HP 3ヶ月後の評価

本製品購入時には、安定性を期待していましたが、裏切られた結果となりました。

WiFi6 パケット詰まり?

NEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HP とスマートフォンを WiFi6 を使ってゲームをしていると、

  • WiFi6 が切断されて繋がらなくなる。
  • WiFi6 だけインターネット接続がなくなる。

という事象が1ヶ月の間で5回程発生しました。

同じスマートフォンをずっと使用していて、過去に使用してた別のルーターでは発生してないため、買い換えた NEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HP ルータの可能性が非常に高いです。

具体的にWiFi6のパケット詰まり?という事象を説明すると、

  1. スマートフォンから WiFi6 を利用している。
  2. 突然に「インターネットが利用できません」とメッセージがスマホの画面にでる。
  3. この状態で WiFi6 の接続は切断はされておらず、接続されているアイコンのまま。
  4. 3分ぐらい待っても「インターネットが利用できません」という状態で改善されない。
  5. LAN接続されているパソコンからはインターネットが利用可能。
  6. LAN接続されているパソコンからインターネットアクセス後は、何故かスマートフォンでもインターネットが利用できるようになる。


またなぜか WiFi6 で 5GHz帯を使っていると、突然2.4GHz帯に切り替わり、その後 5GHz帯に繋がらないという事象が発生します。

ルーターの前に、スマートフォンを持っていっても5GHz帯にはまったく接続できません。

これも何故かはわかりませんが、LAN接続されているパソコンからインターネットアクセスすると、5GHz帯へ再接続できるようになります。

ルーターの前になので電波強度は十分にあり、LAN接続のパソコンからインターネットアクセスすると、スマートフォン側も5GHz帯につながるようになるため、こちらも NEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HPの不具合ではないかと思っています。

過去のNECルーターの製品体験を元に、安定性でNEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HPを選んだわけですが、本製品の安定性に非常にがっかり



結局この事象はファームウェア 2021/03/04 Ver2.1.1 にバージョンアップ後、再現しなくなりました。


2020/07/27 Ver2.0.3 から 2021/03/04 Ver2.1.1 にバージョンアップされるまで、約7ヶ月ほど。
同事象でがっかりし、失望したユーザは多数いることでしょう。



しっかり修正してくれたとは感じていますが、もう日本メーカーは最新技術を追従するのは難しい状況では?と感じた修正期間でした。

流行に乗らない、乗れない?

ゲーミングルーターも流行というか、一つの流れになっています。

技術的には興味があるところなのですが、何がどれほど違うのか具体的に数値で違いを説明しているメーカーはありません。(あるのかも知れませんが探してみても見つかりませんでした。)

例えばゲーミング専用ポートで優先してパケット処理するという機能は、昔からルーターにある機能ですし、クアッドコアCPUで大量データを効率良く処理とありますが、そのCPUが既存の何と比較してどの程度効率が良くなって、旧知問題の何が改善されるのか、具体的な数値や内容がありません。

そもそも個人宅でパケット処理が追いつかないような、常時ものすごいデータ処理している環境があるのか!?そんな疑問しか思いつきません。

しかし具体例や数値比較がないにも関わらず、ゲーミングルータというだけで飛びついているユーザが多い気がしています。


おじさんのように事細かに考える時代ではないのかもしれませんが、流行りならNECさんも販売したらいいのに?と率直に思いました。


流行に乗らないのか、乗れないのかわかりませんが、

5年後は日本の老舗メーカーが、設計、販売しているルーターはなくなるだろうな。


素直にそう思いました。


スマートフォンのように、どんな製品でも購入してもらって使ってもらって良さを知ってもらわないと、次の買い替え時期には選択肢から外れがちです。


正直、今回のNEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HPルータの安定性のなさと、安定性を得られるまでのファームウェアアップデート対応までの期間、そして流行に対するプロモーションを見る限り今後は難しいのだろうなと思いました。


また今回安定性もなかったわけで、

安定性がなかったら、他社と比べて特徴のないルーターで、価格も中途半端に高かっただけ。



今から購入する人は、不安定な事象にあうこともないでしょうから、このような感想になる方は少ないと思いますが、3ヶ月利用した率直な感想です。

結局 NEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HP は使えるのか?


2021/03/04 Ver2.1.1にバージョンアップ後から安定して使えています


通信速度や電波強度についても申し分はありませんので、他社製のルーターに安定性がないのであれば、もしかするとNEC WiFi6 Aterm PA-WX6000HPは期待にそう結果になるのかもしれません


ただ他社のルータと性能や機能的にはほぼ差がないため、価格競争力は低めです。


つまり他社製ルーターが同様の安定性であれば、価格的に高い本製品を勧めるための理由はないと言わざるおえません。


製品に対する期待値が大きかったためか、不安定な事象を体験してしまったため残念でした。

コメント