NiZ 68キー 静電容量無接点方式キーボード レビュー

スポンサーリンク
NiZ 68キー 静電容量無接点方式キーボード レビュー

こんにちは、終活のSEです。

以前、一度は使ってみたいキーボードとその理由という記事で書いていた AKEEYO NiZ を購入したのでそのレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

AKEEYO NiZ 68キー 静電容量無接点方式キーボード

NiZ はキーキャップに CHERRY MX と互換性があります。そのキーキャップを別のものに交換してみたかったのですが、以前の記事で書いた NiZ 66キーだとキーキャップサイズが合わないキーが一部あるので NiZ 68キーを選択した次第です。

開封・付属品

NiZ 68キー 外装

まずは開封。外装はこんな感じ。

NiZ 68キー 本体と付属品

本体と付属品。

付属品はBlutooth接続のためのUSBレシーバー、荷重調整用バネ、Mac用交換キーキャップ、USB Type-C ケーブル、キーキャップ引き抜き工具の計5つ。

外観

正面

NiZ 68キー 正面

コンパクトですね。写真ではキレイな感じで見えますが、実物のキーキャップは少々チープな感じが漂っています。

背面

NiZ 68キー 背面

キーボードの背面の四隅には、滑り止めがついています。結構しっかり目に滑り止めは効いていました。

NiZ 68キー USBケーブル取り入れ口

USBの有線接続の場合には、赤丸の3箇所からケーブルを取り入れることが出来ます。

NiZ 68キー たkさ調整の爪。

高さ調整のためのツメが2段階用意されています。先端部分はゴム製となっているようなので滑り止めが付いています。

側面

NiZ 68キー スカルプチャー

スカルプチャーの階層式になっているので、指の移動量が少なくすみます。

NiZ 68キー 高さ1段階ツメ

高さ調整のツメがない場合は、3.7cm。高さ調整のツメを1段階出した場合が4.2cm。

NiZ 68キー 高さ2段階ツメ

高さ調整のツメを2段階出した場合が4.7cm

機能

Oリング内蔵

NiZ 68キー 静音リング

キー打鍵時の打鍵音を下げるために、静音性を高めるためのOリングが内蔵されています。

荷重調整用スプリング

NiZ 68キー 荷重調整用スプリング

付属のスプリングをキーに荷重調整することが可能です。荷重調整前は35gですのでキー入力は軽いため、キー入力を荷重を増やす必要がある場合は、スプリングを使うことになります。

APC

キーが反応する深さを3段階調整することが可能です。

キーキャップ互換

NiZ 68キー キーキャップ交換

記事冒頭でも書きましたが、CHERRY MX キーと互換性があるためキーキャップを別のものへ変更することが可能です。またキーキャップには、写真のようにくぼみ?がほとんどのキーにあります。

ただキー入力時に見えない反対側なので、気付けるタイミングはキーキャップを抜いたタイミングぐらいだと思います。特に気にならない人は問題ないと思います。

Nキーロールオーバー

USBによる有線接続の場合は、全キーロールオーバーに対応しており、Bluetoothによる無線接続の場合は、6キーロールオーバーに対応しており、素早いキー操作でも問題なく入力することが可能です。

使い勝手

打鍵感

他の静電容量無接点方式のキーボードであるHHKBやREALFORCEと同じような打鍵感で柔らかい感じなので、打ち心地としては良い感じの部類に入ると思います。

定番の静電容量無接点方式の打ち心地の良さは持っています。

打鍵音

静音リングが入っているからか、HHKBやREALFORCEよりも打鍵音は静かなように感じます。ただスペースバーは、HHKBはやREALFORCEとそもそも仕組みが違うようで、スペースバーはHHKBやREALFORCEよりも静かでした。

キーストローク

キーストロークは4mmで十分な打鍵感を感じることができます。このあたりはほぼほぼ他のキーボートと一緒ですね。

価格と値上がり

購入後に気づいたのですが、NiZはいつの間にか値上がりしていたようです。

時期バックライト無しバックライト有り
2019年12月頃15,899円(税込)17,899円(税込)
2020年9月現在21,999円(税込)25,999円(税込)

正直、購入前に「あれ?こんなにNiZ高かったかな?」と思ったぐらいです。ここまで価格が高いと東プレ REALFORCE PFU Limited Edition や HHKB HYBRID Type-S もデザインや色からも検討範囲に入れてもよいのかなと思います。

価格上昇を調査したところ、バックライト無しが2020年1月末日頃に3,000円上昇、2020年3月下旬に1,000円上昇、2020年4月に2,000円で約6,000円上昇、バックライト有りは6,500円上昇後、2,000円上昇というようになっています。

なお過去1ヶ月以内に6,000円も値下がりしているなど、買い時を探る必要があるような価格変動です。値下がりを待つか、待たずに買うか。

保証期間

保証期間が18ヶ月と他のキーボードと比べて長期保証となっているようです。

評価

全体的にキーボードとしての個人的に評価は高く、買ったばかりですが打鍵感、打鍵音は思った以上にかなり良かったです。今後HHKBとREALFORCEなどと比較を順次していこうと思います。

ただ残念なのは値段ですね。NiZ 66キーはセールを結構しているみたいですが、68キーはセールはあまりしていないようで値下がりのタイミングは少なそうです。

価格が高いままだと、NiZの良さが少し薄れてしまうように感じてしましました。

NiZ 関係の記事

コメント