Razer Huntsman Mini キーボード購入を迷ってる方へ

スポンサーリンク
Razer Huntsman Mini キーボード購入を迷ってる方へ

Razer Huntsman Mini キーボードの購入を迷っている方

「Razer Huntsman Miniを購入を検討しているけど、不安な部分があって購入を迷っている」方に向けに書きます。

なおRazer Huntsman Miniキーボードの各機能や使用感をレビューをした記事はこちらで掲載しています。先に読んでもらう方が、この記事に対する質問と回答がわかり射やすいかもしれません。

本記事のテーマ

Razer Huntsman Mini キーボード購入前の疑問に答えます

スポンサーリンク

Razer Huntsman Mini キーボードへの疑問

質問と回答、回答に対する補足、といった形式で書いてみました。

コンパクトなキーボードだから、逆に使い勝手に問題はないか。

全く問題ありません。


ただ慣れが必要です

有名なHHKBを知っていますか?。このHHKBとほぼ同じキー数ですから、

慣れればビジネス用途にも何の問題ないということがほぼ証明されているのではないでしょうか。

省スペースなキーボードのメリットはありますか?

メリットがあります。


こちらの記事でも書きましたが、まとめると次の3つです。

  1. マウスの移動範囲が広がる
  2. キーボードからマウスまでの移動距離が短くなり、素早いオペレーションが可能
  3. キーボードからマウスまでの移動距離が短くなるので手首や腕への負担が少なくなる


英語配列のキーボードだと不便ではないですか?

私は英語配列の方が使いやすいです。


理由は、ホームポジションがずれにくいからです。

英語配列はエンターキーが日本語キーよりもないめ、ホームポジションをずらすことなく押すことができます。

ブログや文章などの入力作業が多い人には英語配列を今はお勧めしたいです。

クリッキーオプティカルスイッチにしなかった理由は?

ビジネス用途にも使いたかったので、静音タイプのリニアオプティカルスイッチを選択


こちらの記事でも書きましたが、第2世代のリニアオプティカルスイッチは、第1世代のものと比べると非常に静かです。

私は、テレワークで音声会議などを開催しますので、なるべく静音のキーボードが良かったためリニアオプティカルスイッチを選択しました。

キー入力時の打鍵音としては、メカニカルスイッチの静音タイプピンク軸と、通常の赤軸の間といった感じを受けました。

英語配置のため、チャットで日本語入力する際に切り替えが手間では?

まったく手間ではありません。


私は英語配列の場合は、日本語入力との切り替えをCtrl+Spaceキーで切り替えられるように設定してます。

設定は一度きりなので、手間ではありませんね。

この設定で更にホームポジションがずれにくくなります

ファンクションキーがなく、英語配列だから不便では?

慣れの問題です。


慣れる時間も取れないほど忙しい方は、後悔するのでやめておきましょう。

キーカスタマイズ機能もあるので、カスタマイズして対応することも可能です。

なおキーカスタマイズ機能で、Capsキーと左側のCtrlキーや役割を入れ替えています。

この設定で更にホームポジションがずれにくくなります

打鍵感、キーの打ち心地はどう?

好みの問題ですが、私はかなり気に入っています。


独自のリニアオプティカルスイッチのため打鍵感は独特です。

私はこの打鍵感は最高に気に入っていて、コッコッコッといった感じでしょうか。このなんとも言えないキーの打ち心地がやみつきになっています。

HHKB HYBRID TYPE-Sの静電容量無接点方式よりも打ち心地はかなり気に入ってます。

満足度はどう?

価格に対する満足度は最高


某サイトのレビューもほとんどの人が満足しているように読み取れました。

某大手サイトのレビューを実際に確認してみてください。

これだけの機能がついていて、ゲーミングもビジネスもこなせるキーボードは、この価格帯にはなかなかないと思います。

まとめ

Razer Huntsman Miniキーボードへ買い替えに対する際の疑問・質問に対する回答が記事にできていれば良かったのですが、どうだったでしょうか。


Razer Huntsman Miniキーボードは、この価格帯でうまくビジネスやゲーミングを両立できる、スタイリッシュで素晴らしいゲーミングキーボードだと私は思います。


某サイトでも高評価ですし、お勧めのキーボードです。

コメント