【問題解決】SDカードの読み書きが遅かった原因

スポンサーリンク
【問題解決】SDカードの読み書きが遅かった原因

こんにちは、終活のSEです。

今日はMicroSDカードのデータ読み書きが遅い理由がわかったので、その原因をご紹介します。

スポンサーリンク

MicroSDカードのデータ読み書きが遅い理由

結論を先に書くとSDカードアダプタを使うとデータ読み書きが遅く、速度が3割ほどダウンしていました。

MicroSDカードのデータ読み書きが遅い原因を特定した方法と、読み書きが遅くなる原因が他にないかどうかをあわせて調べてみました。

MicroSDカードのデータ読み書きが遅い原因はSDカードアダプタ

MicroSDカードからデータをコピーしている時に、たまたま読込が遅いなと思ったのがきっかけでした。実際にデータ読み書きが遅いかどうかを判断することができるCrystalDiskMarkというツールを使用して確認しました。

CrystalDiskMark
各種ストレージ (HDD, SSD, USBメモリなど) の速度を測定するベンチマークソフトです。 ダウンロード 通常版 Shizuku Edition 動作環境 OS Windows XP/Vista/7/8/8.1/...

このツールはMIT License でフリーソフトウェアと公開されているため無料ツールです。
ツールをダウンロードして解凍してください。

MicroSDカードをSDカードリーダーへセット

データ読み書きを測定したいSDカード(MicroSDやSDカードなど)を先にSDカードリーダへセットしておいてください。先にSDカードをセットしていないと、ツールを起動させた後にSDカードのドライブを選択することができません

DiskMark64.exeを起動(32bit OS の場合はDiskMark32.exe)

計測実施

起動した画面上部真ん中にSDカードドライブを選択できるところがありますので、SDカードドライブを選択してください。SDカードドライブを選択後、画面左上にAllという緑色のボタンがありますのでそのボタンを押してください。計測が開始されます。

計測結果確認

SEQ1MはSDカード上の連続した領域を読み書き(シーケンシャルRead、シーケンシャルWrite)する場合、RND4KはSDカード上のランダムな領域を読み書き(ランダムRead、ランダムWrite)する場合がでています。この場合シーケンシャルReadが約96MBシーケンシャルWriteが約89MBランダムReadが約10MBランダムWriteが約4MBです。

今回使用したSDカードはSAMSUNG 256EVO Plus MicroSD UHS-I U3 です。規格上の理論値では最大 104MB/秒ですから、この計測結果は妥当ではないでしょうか。

MicroSDカードにSDカードアダプタを付けて測定

しかしこのMicroSDカードにSDカードアダプタをつけるとデータ読み書きともに大幅に遅くなります。

SDカードアダプタをつける前と付けた後だと、40%前後データ読み書きの速度がダウンしています。そこで他のSDカードアダプタではどうなのかを測定してみました。

検証のためにいくつかのSDカードで測定してみます。

まずはTOSHIBA製のSDカードアダプタ。かなり古いです。

こちらも変わらず同じように速度低下が発生。

次にこちらもかなり古いSANDISK製。

TOSHIBA製よりも更に遅くなりました。多分SDカード初期の時代のものなのでしょうがないのでしょう。

次に pq1製(なのか?)

SANDISK製とほぼ同じ結果。こちらもSDカード初期ものなのでしょうがないでしょう。
ここからわかるのはSDカードアダプタは使えれば何でもいいというわけではないということです。

次にSANSUNG製のSDカードアダプタの故障の可能性があるため、同じ年代で別のSAMSUNG製のSDカードアダプタを使って測定してみました。

結果、データ読み書きの速度は変わらずSDカードアダプタをつけると遅い状態でした。

SDカードアダプタは、電気信号だけを分岐させているだけなのでSDカードアダプタで差はでないらしいですが、実際にアダプタによってデータ読み書きの速度差がでることがわかりました。

結論

SDカードアダプタはなるべく最新のものを使わないとデータ読み書き速度が出ない場合がある。

では、SAMSUNG製のSDカードアダプタではデータ読み書きの速度は落ちるものの差がありませんした。では、SDカードリーダーの問題の可能性がないか検証してみました。

SDカードリーダーの問題なのか検証

SDカードリーダーの問題なのか検証のために別のMicroSDカードを使って測定してみました。

MicroSDカードの読み書きは上記の様な状態でした。

このMiscroSDカードにSDカードアダプタを差し込みます。

MicroSDカードの時とほぼ同等の速度がでているため、SDカードアダプタの影響を受けているかどうかを判断することができませんでした。

というのもMicroSDカードがそもそも50MB/s以上速度がでるものでないと比較にならないということに今更気づきました。のでこの検証は無意味です。

複数のSDカードへ同時アクセス場合の速度測定

余談で、SDカードリーダーで複数のSDカードへ同時アクセスした場合の速度測定をしてみました。

MicroSD64GB
MicroSD256GBにSDカードアダプタ

MicroSDカード側は少し影響を受けていて、SDカードアダプタを装着側はかなり影響を受けていることがわかります。

次は逆にしてみて計測してみました。

MicroSD256GB
MicroSD64GBにSDカードアダプタ装着

こちらも先程と同様MicroSDカード側は少し影響を受けていて、SDカードアダプタを装着側はかなり影響を受けていることがわかりました。

このSDカードリーダーでは同時読込するとデータ読み書きは影響受けるため、1枚だけの利用が好ましいようです。

まとめ

まとめ

SDカードアダプタはなるべく最新のものを使わないとデータ読み書き速度が出ない場合がある。SDカードアダプタを装着しないほうがデータ読み書き速度が影響を受けにくい

コメント