パソコン・周辺機器

アンカー USBケーブル タイプC

スポンサーリンク
アンカー USBケーブル タイプC パソコン・周辺機器
アンカー USBケーブル タイプC

こんにちは、終活のSEです。

今日はアンカー USBケーブル タイプC が色々と揃ってきて、どのタイプのUSBケーブルがUSB PD(Power Delivery)などの規格に対応しているのかまとめてみたのと、規格以外の細かな違いも含めて説明していこうかなと思います。

スポンサーリンク

アンカー(Anker) とは?

Googleでエンジニアとして働いていた数名によって2011年に設立された会社です。

スマートフォン向けのモバイルバッテリーや充電器などを低価格ながら高い品質を目指し、オーディオブランドSoundcoreなどの販売をしている。

アンカー USBケーブルの特徴は?

まずアンカーは、低価格ながら高い品質を目指している会社です。

近年、アンカーのUSBケーブル価格は他社と比べると低価格とはいえないものの、価格相応の品質を担保している会社だとなと感じています。

理由は、アンカーのUSBケーブルを購入すると18ヶ月保証 + 6ヶ月(Anker会員登録後)という保証がついてくること、アンカーのすべての製品は、電気用品安全法(PSE)の定める技術基準に適合しているからです。

PSEの技術基準に対応し、保証もついていて、ハズレにあたったことがない私は、安全に安心して利用することができるアンカーのUSBケーブルをおすすめします。

アンカー USBケーブル タイプC

現在利用しているアンカー USBケーブル タイプCを表にまとめてみました。

こうしてみると用途に応じて、適切なUSBケーブルを選択し購入する必要があるようです。

PowerIQ: アンカー独自技術で充電機器を自動的に検知し、最適な電流を送る技術。
QC(Quick Charge): スマートフォン・タブレットを高速で充電できる規格。
USB PD(Power Delivery): USB-Cに対応した給電規格。給電能力はUSB PD3.0は最大100W、USB PD3.1は最大240W

USB規格データ転送速度PowerIQ対応QC(Quick Charge)対応USB PD(Power Delivery)対応映像出力
Anker USB Type C ケーブル PowerLine USB-C & USB-A 3.0 ケーブルUSB
3.0
最大
5Gbps
記載なし
Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブルUSB
3.0
双方向
最大
5Gbps
記載なし
Anker PowerLine II USB-C & USB-C ケーブル (USB3.1 Gen2対応)USB
3.1
最大
10Gbps

最大100W
対応
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル記載なし最大480Mbps記載なし
最大100W
不可
Anker PowerLine+ III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル USB 2.0記載なし
最大60W
記載なし

データ転送速度で選ぶ

接続口が両方とも USB Type-C である必要がありますが、USB3.1 Gen2 の最大速度 10Gbps がでます。

またUSB PD(Power Delivery)最大100W、映像出力にも対応していることから、ケーブル長やケーブル色など外観、ケーブルの太さなどが影響なければ、このケーブル選択を選択する一択でしょう。

接続口がUSB Type-C と USB Type-A の場合は、このケーブルがデータ転送速度が双方向で最大5Gbps となっているため、このケーブル一択になるでしょう。

色は、レッドとグレーがありますが、グレーを写真で見るとこんな感じで、色合いと見た目が結構気に入っています。

Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル

またケーブルも硬すぎず、やわからすぎず、一定の形を保てるしなやかさがあるため、扱いやすいのも気に入っています。

Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブルは扱いやすい

こんな感じで円にすることも簡単にできますので、使い勝手としてもかなりよいと感じています。

PD(Power Delivery)対応で選ぶ

USB PD(Power Delivery) 最大100Wに対応しており、またデータ転送速度も USB3.1 Gen2 の最大10Gbps に対応。

接続口が両方とも USB Type-C であればケーブル長やケーブル色など外観、ケーブルの太さなどが影響なければ、このケーブル一択で間違い無いと思います。

こちらは USB PD(Power Delivery)とカラーバリエーションとデザイン、ケーブルの柔らかさに特化したケーブルです。

カラーバリエーションは、ミッドナイトブラック、アイスブルー、クラウドホワイト、ミントグリーン、ライトパープル、ラベンダーグレー、レモンイエローの7色となっています。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル

またUSB Type-C の差込口も少しおしゃれにデザインされており、なんとなく高級感が漂います。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブルは接続口がちょっと高級感

そしてアンカー USBケーブルで唯一シリコン素材を採用したケーブルとなっており、ケーブルのやわらかさが特徴です。先程紹介した Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブルは、USBケーブルですが、こちらのシリコン素材を採用したものは、紐と言っていいほどやわらかく扱いやすいです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブルは紐のように扱えるほど、柔らかく扱いやすい

ただその代わりデータ通信速度が最大480Mbpsとなっており、大量データを高速転送する役割には向かないケーブルとなっています。

まとめ

どうだったでしょうか?

目的のデータ転送速度で選択するか、PD(Power Delivery) のどちらかで概ね選択肢が絞れるので、後はケーブル長やカラーなどで選択していくという方法で良いと思います。

適切な品質と保証があって適切な価格。

実績と信頼があるアンカーのUSBケーブルがおすすめです!

コメント