WiFi ルータ設置場所変更による通信速度改善の効果測定

スポンサーリンク
WiFi ルータ設置場所変更による通信速度改善の効果測定

こんにちは、終活のSEです。

前回はWiFi6ルーターへ買い替えに備えて、現状のWiFiルーターの電波強度やリンクスピードの測定しました。

この測定した結果、新しい設置WiFi6ルーターの設置場所がほぼほぼ決定したわけですが、現状のWiFi5ルーターで設置場所変更による効果を測定してみることにしました。

この記事で共有できる内容は1つです。

  • WiFiルーターを最適を考える場所へ設置したら、電波強度やリンクスピードがどの程度改善されるか。



なお前回の記事でWiFiの電波強度やリンクスピードの測定方法などは記載しましたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

WiFi5 ルーター設置場所変更

1Fと2Fの目立たない中心部分へWiFiルーターの設置場所を変更します。

今回はバッファロー WXR-1750DHP2 WiFi5 を使って、アイ・オー・データ様がリリースされている無償アプリ「Wi-Fiミレル」でWiFiの電波強度とリンクスピード、Fast.comでWiFi経由でのインターネット通信速度を測定してみました。

WiFi5 ルーター設定場所変更前

5GHz5GHz
測定場所障害物距離電波強度リンクスピード
1F測定場所A2枚1-50dBm866Mbps
1F測定場所B0枚0-34dBm866Mbps
1F測定場所C1枚1-46dBm351Mbps
1F測定場所D2枚2-66dBm468Mbps
1F測定場所E2枚4-63dBm351Mbps
1F測定場所F2枚5-67dBm390Mbps
2F測定場所G3枚3-61dBm104Mbps
2F測定場所H2枚2-68dBm468Mbps
2F測定場所I3枚4-68dBm86Mbps
2F測定場所J4枚6-76dBm86Mbps
2F測定場所K4枚7-74dBm177Mbps

インターネット通信速度

WiFi ルータ設置場所変更による通信速度改善の効果測定 設置変更前

WiFi5 ルーター設定場所変更後

5GHz5GHz
測定場所障害物距離電波強度リンクスピード
1F測定場所A2枚3-56dBm390Mbps
1F測定場所B2枚2-57dBm390Mbps
1F測定場所C1枚2-52dBm390Mbps
1F測定場所D0枚1-42dBm390Mbps
1F測定場所E0枚0-40dBm390Mbps
1F測定場所F0枚1-54dBm234Mbps
2F測定場所G3枚3-71dBm234Mbps
2F測定場所H2枚2-60dBm568Mbps
2F測定場所I2枚2-60dBm390Mbps
2F測定場所J2枚3-57dBm650Mbps
2F測定場所K2枚3-70dBm650Mbps

インターネット通信速度

WiFi ルータ設置場所変更による通信速度改善の効果測定 設置変更後

まとめ

WiFiルーターの設置場所を適切な場所へ変更することで、電波強度は設置変更前後でそれほどかわらないものの、ほぼ一定の強度になりました。

リンクスピードについては、設置変更後は最低でも230Mbps以上になり非常に安定した通信速度がでるようになりました。

ただインターネット通信速度については、WiFiルータの設置場所を変更しても変わらなかったので、インターネットの通信速度限界までWiFiで利用できていることになります。

WiFiルーターの設置場所を適切な場所へ変更することが、安定したリンクスピードがでることがわかりましたので、WiFiルーターとの通信速度に満足できないようであれば、前回の記事のようにWiFiルーターの設定場所を測定することが重要ということがわかりました。

最新WiFi6 ルーターに買い換えると?

最新のWiFi ルーターに買い替えましたので、その製品レビュー記事を書いています。

WiFi6ルーターにすることで思った以上に効果があったので、WiFi6 ルーターに買い換えようかどうか迷っている人は参考にしてみてください。

コメント