Windowsにウィルス対策ソフトは必要か?

スポンサーリンク
Windowsにウィルス対策ソフトは必要か?

こんにちは、終活のSEです。

今日は昔からWindowsを使う時に必ず1番最初にインストールしているソフト、アンチウィルスソフト(ウィルス対策ソフト)が必要かどうかを調べてみました。

スポンサーリンク

Windowsにウィルス対策ソフトは必要か?

何故Windowsにウィルス対策ソフトが必要かどうかを調べようと思ったのかというと、次の2点からです。この2点について調べるみることにしました。

何故ウィルス対策ソフトが必要か、疑問に思った理由
  1. Microsoft Defender が出てから数年たった
  2. ウィルス対策ソフトに便利機能が沢山付いてきた

Microsoft Defender が出てから数年たった

まずMicrosoft Defender のウィルス検出率について調べてみました。

この調査には15年以上実績を持つドイツのITセキュリティ研究機関がウィルス検出率やパフォーマンス、ユーザビリティについて検証結果を利用して調査しました。

Test antivirus software for Windows 10 - February 2021
The current tests of antivirus software for Windows 10 from February 2021 of AV-TEST, the leading international and independent service provider for antivirus s...

調査の結果興味深いのは、有名所のWindowsウィルス対策ソフトの、ウィルス検出率は同等。パフォーマンスやユーザビリティについても同様に同等でした。

もう一つ興味深かったのは Microsoft Defender のウィルス検出率が有名どころのWindowsウィルス対策ソフトと同等のウィルス検出率だったことです。Microsoft Defender が出た頃は、ウィルス検出率は低く業務で使用するのは控えている企業が多かったのではないでしょうか。

それが数年してこの結果ですから、きっとMicrosoftはかなり力を入れてきたのでしょう。また追加の有料オプションがあり、Microsoft Threat ProtectionというAIと自動化を使った最高の各種驚異対策サービスが利用できるようです。

業界のテストでトップスコアを記録 - Microsoft 365 Defender
Microsoft 365 Defender の最新のスコアと分析を表示します。 個別の試験 (AV-TEST、AV Comparatives、 SE Labs、MITRE ATT&CK) で高いスコアを一貫して達成しています。 最新のスコアと分析をご覧ください。

またマルウェア対策も力を入れているようで、マルウェア検出率も他のアンチウィルスソフトと同様で問題ないようです。

https://eventmarketing.blob.core.windows.net/decode2019-after/decode19_PDF_SE81.pdf

ウィルス対策・マルウェア対策はMicrosoft Defender で十分

調べた結果、ウィルス対策やマルウェア対策だけであれば Microsoft Defender で十分なようです。

ではウィルスやマルウェア対策でMicrosoft Defender と競合する各種アンチウィルスベンダーの優位性はなんなのかを調べてはみましたが、優位性は特に見つかりませんでした。

MicrosoftがMicrosoft Defender の開発をした頃からわかっていたことですが、世界中にWindows が動作しているデバイスが10億台以上あるわけです。その10億台以上もあるデバイスから問題発生を契機に調査することでノウハウはものすごい勢いで溜まっていくでしょうから、直ぐにトップレベルのアンチウィルスソフトになってしまったんだろうなぁと推測。

アンチウィルスベンダーの製品を購入する理由

ウィルスやマルウェア対策は Microsoft Defender で十分だということがわかりましたが、それでもアンチウィルスベンダー製品を導入する理由は何なのかを考えてみました。

  1. 複数のアンチウィルスソフトが動作していることの安心感
  2. アンチウィルスソフトについている付属機能

複数のアンチウィルスソフトが動作していることの安心感

昔は複数のアンチウィルスソフトが動作させると誤動作の原因になるため複数インストールしないのが、暗黙のルールだった気がしますが、Microsoft Defender とアンチウィルスベンダー製品1つを動作させることは特に問題ないため、OSメーカとアンチウィルスベンダー安心感が得られることです。

ただそれに意味があるのか、メリットがあるのかは人それぞれなのかと思います。

アンチウィルスソフトについている付属機能

私はKasperskyのアンチウィルスソフトを使用しています。そのアンチウィルスソフトには、次の機能が付いています。

  • ソフトウェアアップデーター
    有名所の一般アプリケーションのアップデート通知
  • 脆弱性スキャン
    OSに影響を与える脆弱性スキャン
  • セキュアコネクション
    通信の安全性を高める無料VPN(1日あたりMB制限あり)
  • プライバシークリーナー
    ユーザの活動の痕跡を消去してくれる。
  • Windows設定診断
    システム内の悪意あるオブジェクトの痕跡を削除

私がよく使う付属機能はこれぐらいですかね。OSアップデートはWindowsUpdateで自動的にしてくれますが、それ以外のセキュリティリスクを調査するのが面倒なので、紹介した機能はよく使っています。

「カスペルスキー セキュリティ」 3年1台版(ダウンロード)★送料無料 【Windows・Mac・Android対応】 スマホもOK★ウイルス対策ソフト・セキュリティソフト

価格:9,147円
(2020/7/29 11:30時点)
感想(26件)

余談

その昔、WindowsUpdateのセキュリティパッチは直ぐに適用すると動かなくなることがあるのである程度期間が経ってから適用しなければならない。ということがありました。

今では殆どの人がゼロディ攻撃に備えてセキュリティパッチを直ぐに適用しているのではないでしょうか。ただゼロディ攻撃に備えてセキュリティパッチを適用したつもりが、そのセキュリティパッチに新たなセキュリティリスクが含まれていたりするためめ、PC運用が難しい時代になったと思いました。

コメント